一陸技

【体験談】一陸技 eラーニング ちゃんと理解したい人におすすめ!

一陸技eラーニング
スポンサーリンク
こたすけ
こんにちは!こたすけです。

今日は一陸技のeラーニングについてお話したいと思います。

勉強中の人
ちゃんと理解したい

『一陸技のeラーニングってぶっちゃけどうなの?』

『eラーニングてどんな内容?』

『講義はどんな感じ?』

『コースはどれを選べばいい?』

こんな疑問に答えます。

こんな方におすすめ

  • eラーニングが気になっている人
  • ちゃんと理解したい人、つまづいている人
  • おすすめ受講コースを知りたい人

こたすけは無線基礎、無線A、無線Bのeラーニングを

受講したことがありますので、

その時の体験談も交えて解説します。

この記事では情報通信振興会(DSK)の

一陸技eラーニング講座について解説しています。

スポンサーリンク

ちゃんと理解したい人、少しつまづいている人におすすめ!

一陸技 eラーニング講座(情報通信振興会)
https://www.dsk.or.jp/

おすすめする理由

インターネット環境があればどこでも受講可能

インターネット環境があれば、PCのほか、

スマホ、タブレット(iOS/Android)でも受講が可能です。

お昼休みの時間や電車での移動時間など、

スキマ時間で効率よく学習できます。

講義ビデオも繰り返し再生ができるので、

分からないところを何度も確認することができます。

とにかく分かりやすい

ちゃんと理解したい人、少しつまづいている人に

おすすめする理由はココです!

おすすめする理由

・その技術がどこで使われているのか実例紹介(イメージ定着)

・必要な基本情報・公式をまとめている(まとめ、復習)

・出題者の意図や解答ポイントについて解説(テクニック)

・解説がとても丁寧。計算途中式の展開も全て説明有(内容理解)

・数学が苦手な人でも合格できるような解答方法(難易度下げ)

 (例:積分計算なしで解くなど)

過去問集や参考書では説明しない部分も、

丁寧に解説がありますので、

式展開の途中で見失ってしまうなんてことはありません。

また解答のポイントなども解説があり、

正答率を上げるテクニックを学習できます。

教材テキストはPDFで印刷も可能

教材テキストはPDFでダウンロードでき、印刷も可能です。

筆者の場合、基本情報のページや公式のページだけをまとめて

空き時間に眺めて覚えるようにしていました。

講義で扱う問題を厳選。講義内容だけで合格ライン達成

試験問題カバー率は74%~100%(科目により変動)

となっています。(令和3年1月期実績)

講義で扱う問題が全て解けるようになれば

十分合格ライン(60%)を達成することができます。

ちなみに余談ですが、、、

講師の長谷川 巧さんは平成13年に一陸技を一発合格しています。

その他にも四アマから一陸技まで

陸・海・空 11種の無線従事者資格を所持している

無線の超プロフェッショナルな人です。

eラーニングを受けた人にはお馴染みですが、

飄々とした講義が特徴で結構人気があります。

スポンサーリンク

eラーニングの講義内容

講義内容

講義は章、テーマごとに分かれています。

テーマをクリックすると講義ビデオと

教材テキストが新規ウィンドウで表示され、

教材テキストを閲覧しながら講義ビデオを視聴できます。

講義ビデオは巻き戻したり、早送りすることもできます。

教材テキストはPDFで、ダウンロードが出来ます。

講義の時間はテーマによって異なりますが、

15分~35分程度の内容です。

1科目あたり50前後の講義があります。

模擬試験

過去問から出題した模擬試験を受けられます。

1か月コース:5回

6か月コース:10回

コースと受講料金

コースと1科目あたりの料金

①6か月コース 個人:35,700円(15,300円)税込

②6か月コース 団体:32,100円(15,300円)税込

③1か月コース 個人:8,300円(3,600円) 税込

(カッコは法規の料金)

団体は3名以上で申し込み可能。

6か月コースは180日

1か月コースは30日、講義を視聴可能です。

(模擬試験に期限はありません。)

サンプル動画も公式HPで確認できますので、

気になる方はチェックしてみるといいでしょう。

1か月コースを2回受講がおすすめ

短期集中1か月か!?

それともゆっくり勉強6か月か!?

これはなかなか悩みますね。

1か月は視聴期間が30日しかないし、

6か月は受講料がちょっと高め。

おすすめは1か月コースを2回受講する です。

俺はやってやる!!という方は1か月でもOKです。

実際、筆者は1か月で終わらせています。

講義1本25分前後の動画が50本以上あるため、

すべて視聴するのにそれなりに時間が必要です。

また視聴期間を過ぎると閲覧できなくなるため、

計画的に取り組む必要があります。

したがって1か月コースの場合、

かなり集中してやらないと終わりません。

終わらなかった場合は再度申し込みをして、

2回目を受講しましょう。

先ほど、筆者は1か月を選んだと話しましたが、

実際かなりのハードスケジュールでした。

筆者の場合、受講料金を抑えたくて、

気合で1か月コースをやり切りましたが、

仕事をしながらこなすには、

正直しんどかったです。

仮に1か月でやり切る場合は、

毎日2~3時間の講義視聴

30日間続ければ終えることができます。

筆者の場合はお昼休みに30分、

帰宅後2時間講義視聴を毎日続けて

気合で終わらせました。

一度過去問を一通り解いたことがある人や

時間に余裕があってやる気のある人は

1か月コースでやり切ることも可能です。

スポンサーリンク

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

この記事では一陸技のeラーニングについて、

おすすめする理由、講義内容、受講コースについて解説しました。

ちゃんと理解したい人、少しつまづいている人には、

ぜひeラーニングをおすすめします。

他にも一陸技記事たくさんありますので、よかったら読んでみてくださいね。

当日使える裏ワザや試験当日の流れについても紹介しています。

関連記事まとめ
toshokan_benkyou
【一陸技 ブログ記事一覧まとめ】

続きを見る

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

こたすけ

グンマーに魅了された埼玉っ子。 美味しいもの大好きで、可愛いもの、新しいものに目が無い、これよしし!のギター担当。お仕事はRFエンジニア。 よししと一緒にブログネタやぐんま情報を発信してます。

-一陸技
-

© 2022 これでよしし