一陸技

一陸技試験まで2か月!今からでも間に合う2科目合格できる勉強法

2科目合格勉強法
スポンサーリンク
こたすけ
こんにちは!一陸技保有者のこたすけです。
悩む人
あと2か月しかない

『試験まであと2か月しかないけど、
合格できるかなぁ。』

『一発合格出来なそうだし、
今回は見送った方がいいかな』

『時間が取れないけど、
効率良く勉強する方法や裏技を知りたい』

こんな疑問について解説します。

こんな方におすすめ

  • 試験まであと2か月しかなく、見送ろうか迷っている人
  • 一発合格はあきらめて、科目合格が目標の人
  • どの科目に絞ればいいか分からない人

まずは結論から、

試験前2か月で、一陸技合格は難易度高すぎです。(ガーン!!)

ですが、

科目合格は可能です。

科目合格とは、

合格点に達した科目は合格として、

3年の間試験を免除できるしくみです。

2か月で2科目を合格が十分可能です。

比較的易しい無線工学Aと法規に絞って受験しましょう。

この勉強法は初めて受験する人、

無線工学A、法規を合格していない人向けの記事です。

一陸技はもっていると就職・進学等で有利です。

将来、官公庁、放送局、電気通信事業会社、航空会社などの技術者をめざす人にとっては、無線従事者資格は有利な資格といえるでしょう。実際、官庁や会社に入った後に業務で必要となり、国家試験や養成課程を受け資格取得をめざしている方々もいます。

また、上級の資格である、第一級総合無線通信士又は第一級陸上無線技術士の資格保有者は、中学校・高等学校の助教諭の臨時免許の取得が可能であり、さらに無線従事者として3年以上の実務経験があると、教員免許(中学校教諭2種:「職業」、高等学校教諭1種:「工業」)の取得が可能となっています。

引用元:日本無線協会

スポンサーリンク

無線工学Aと法規を勉強しよう

無線工学Aの勉強方法

無線工学Aの具体的な勉強方法を解説します。

具体的な勉強方法は、

過去問を解けるまで、解きまくる。

これに尽きます。

ポイントとして、

それぞれの項目同士の関連性をリンクさせると、

記憶への定着が格段にUPします。

たとえば、

 ①『アンテナ』でアンテナの動作を学び、

②『レーダー』レーダーアンテナの特徴を知る。

③『電波伝搬』電波が伝わる仕組みを知って、

④『中継方式』中継して伝搬する方法を学ぶ。

というふうに。

同じキーワードが出たり、

特徴をさらに掘り下げる形になるので、

情報に厚みが出てより覚えるのが容易になります。

始めは点と点だったものが、

徐々に線になり、線と線が面になります。

法規 勉強方法

続いて法規の具体的な勉強法を解説します。

法規の問題は電波法の正しい文章を覚えることが重要です。

法規に必要な勉強法コツは1つだけ。

・正しい文章だけを読んで覚える

たったこれです。

これを言ったら元も子もありませんが、

無線局の管理業務等でない限り実務では使いません。

こたすけはとうに忘れて覚えていません。

余談ですが、設計者が製品設計を行うとき、

要求仕様書に沿って設計開発を行います。

通常その仕様書に法で規制される内容が含まれるため、

薄っすら覚えている程度でも業務に支障はありません。

スポンサーリンク

厳選!この2冊を準備しよう。

おすすめの過去問 その1

吉川先生の問題集です。

直前の復習にも使えます。

イラストもかわいいくてときどき癒されてます。

合格精選360題 第一級陸上無線技術士試験問題集 第4集
例の本

合格精選360題

第一級陸上無線技術士試験問題集 第4集

この本でとりあえず一通りこなしましょう。

これは過去の出題頻度の高い問題を

厳選した問題集です。

この過去問を解いておけば

概ね出題問題をカバーできます。

無線工学Aは100問あります。

毎日3問ずつ解けば34日で終わります。

始めはわからない状態でいいから、

頑張って理解しようとしないで

解説を読んで次に進みます。

この進め方なら忙しいあなたでも続けられそうですよね。

この本を使って無線Aを100問解いたら次の問題集へ移ります。

法規に記載されている問題数は68問です。

試験前 残り2週間から

1日10問ずつ解いていけば、7日で終わります。

こたすけ

合格精選360は頻出問題が網羅されているので、一度解くと一陸技の全体像を掴むことができます。このあと紹介する過去問集がグンと効率良く解けるようになります~。

やさしく学ぶ一陸特をAmazonで見てみる

おすすめの過去問 その2

最後の総仕上げです。

過去5年間分の過去問をひたすら解きまくります。

この本をひたすら解くだけでも

合格できるぐらいこの作業はとても重要です。

こたすけも常に持ち歩いて、仕事の合間や休憩時間、

移動中などスキマ時間を使ってコツコツやりました。

ボロボロになるまでやったことも自信につながってます。

一陸技 無線従事者国家試験問題解答集
愛読書

一陸技 無線従事者国家試験問題解答集

目安は3周ですが、効率の良い解き方で進めます。

それは、

同様の問題に特化して5年分連続で解いていく

です。

これは非常に効率良く進められる勉強法です。

過去5年間でも3~4回程度の出題頻度なので、

あっという間に5年間分を終了できます。

短い時間で反復学習が可能なので

記憶への定着が良く、

初期の試験勉強にとても有効です。

また各年度で問題文のどこが変わって

出題しているかもわかるという

メリットがあります。

実際には、

H〇〇年 A-1 ⇒ H▽▽年 A-1 ⇒・・・
H〇〇年 A-2 ⇒ H◇◇年 A-3 ⇒・・・


上記のように進め、

最終的に5年間分の問題全て解きます。

この際、間違った問題

解き方を忘れてしまった問題には

〇印をつけます

2周目以降は先ほど〇印をつけた

解けなかった問題のみを解いていきます。

正解したら〇に✓マークを入れます。

不正解だった場合はそのままです。

2周目はきっと1周目よりも短い時間で

終えられたはずです。

3周目も同様の方法でこなしていきます。

と、ここまで読んだあなたは、

問題をバラバラに解いて大丈夫!?

通しの試験をやらないと

時間配分や流れが分からないんじゃないの?

と思うかも知れません。

それは、問題ありません。

なぜならば、

試験時間が十分すぎるほどあるからです。

実際に通しの試験をやればわかると思います。

試験の時間:2時間半(法規の場合2時間)に対して

見直し時間を含めても30分以上早く終わります。

こたすけも試験当日、

1時間半~2時間で解答を終え、

途中退室していますので、

通しの試験で時間配分は気にしなくていいです。

また試験勉強初期の段階で

いきなり通しの試験を始めるのは無謀と言えます。

解けない問題が多いと、

日々の勉強が1時間半で終わらないどころか

やる気が低下して、

次の日からやる気が無くなってしまう場合があります。

一通り解けるようになったら、

通しで試験してみると良いでしょう。

こたすけ

僕は5年分の過去問を全て解けるようにして試験に臨みました。

情報通信学会の過去問集は解説も載っているのでおススメです!

最新版 情報通信学会の過去問集をAmazonで見てみる

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

この記事では2か月で2科目合格できることをお話しました。

 1 無線工学Aと法規を勉強しよう

 2 厳選!この2冊があれば他はいらない。

こたすけ

少しでもやってみようかなと思ったら、勇気を出してチャレンジしてみよう!

実は裏ワザもあります。

裏ワザ5選
一陸技テクニック5選
【裏ワザ】一陸技勉強法&試験対策テクニック!【5選】

続きを見る

 

おすすめ参考書をまとめた記事はこちら。良かったらドウゾ。

参考書まとめ
osusumebook
【2022年最新】一陸技参考書&過去問集|おすすめ本まとめて紹介!!

続きを見る

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

こたすけ

グンマーに魅了された埼玉っ子。 美味しいもの大好きで、可愛いもの、新しいものに目が無い、これよしし!のギター担当。お仕事はRFエンジニア。 よししと一緒にブログネタやぐんま情報を発信してます。

-一陸技
-

© 2022 これでよしし